Recent Trackbacks

« June 2005 | Main | August 2005 »

July 29, 2005

街が

 お祭りで浮かれかえってました。
 普段空いてる電車がぎゅうぎゅうで、普段閑散としている通りが若者でいっぱいで、私もうきうきしてきました。
 電車の待ち時間にちょっとだけ見てきただけですけれど。

 お祭りの衣装、あらゆるものがあってすごかったです。阿波踊りは基本的に浴衣ですが、もう奇抜なの。すごいの。下着みたいなの…そんなんばっかじゃないですけれど。

 お祭りっていいなあ。なんかうきうきしちゃいます。

 ところで。
 巷でうわさになっている最遊人…

 近所の本屋にはないっちゅうねん!なんでやねん!ゼロサムがないから仕方ないのか…?
 明日は週末。遠くまで本屋に出かけられます。ううううううう。


 息がつまる湿度の夜に窓開けて 貴方の空とつながればいい

July 28, 2005

はっぴばーすでー

 姪ちゃん~

 お誕生日おめでとう!おば(…)バカの私から心をこめてv

 姪ちゃんをお迎えするための準備は着々と進行しておりましてよおほほほほ。遊びにきてね!

 姪の誕生日を祝うためにネットの海をさまよって色々とプレゼントを物色してました。
 この辺のデパートをさまよっても琴線に触れるものがなかったわけです。
 これだ!と思うものに出会えてよかったよかった。

 妹と弟の生活も一変したこの一年ですが、彼女たちなりにすごしやすいように生活してほしいもんです。
 近くにいないから全然役に立たん姉だけど、何かの折には頼ってほしいと思っていたりするんだな。


 誰かに贈るプレゼントを選ぶのってすごく好きです。相手の顔を思い出して、これを貰ったらどんな顔するだろう、貰った1ヵ月後は、1年後は、3年後は…邪魔になったりして処分に困らないだろうか、とかイロイロなことを思い巡らせます。

 結局私の思い込みでプレゼントは選ばれるわけですが、その思い込みが相手の思惑と一致するととっても嬉しくなりますね。

 
 パンかじるコップも両手で持ち上げる 1年前には名前もないのに

July 27, 2005

ちょっとびっくり

 仕事場のホームページを大リニューアルするそうで、なぜだかお鉢が回ってきました。
 エクセルとワードなら何とかなりますがホームページビルダーはごくごく基本的なことしか分かりません。
 その豊富な機能を全然活かさずに作っていいのなら作るのですが…

 公式なサイトなので

 ・できる限り素人くささを出さない
 ・シンプルで分かりやすく
 ・できるだけ誰でも閲覧できる環境にする

 をモットーに基本形を作ってみました。ホームページビルダーで作れとのことだったので色のパネルを出すのにも四苦八苦(……)

 こういうときこそ妹に発注すればいいのですが奴は高い。そんなお金出せない。

 同僚と話をしていて「デザインのセンスって本当に違うよね」ということで盛り上がりました。
 彼女もなんとなくちょっと違うということは分かるし口出しもするんだけれど、デザイナーが作ったものには全然叶わない、って言ってました。

 私も妹のを真似して作ってみるのですが、全く同じように作ったと思っても私のはなんだかいまいちで妹のは洗練されている。ほんのちょっとした線の太さや図形の大きさの違いがこんなに視覚的にちがうんだなーとしみじみ思います。

 勿論出来る限りがんばりますが、納期に間に合うようにしか作れませんです許してください…


 均一な線をやわらかく曲げる デジタル上のアナログ具合

July 23, 2005

地震!

 ニュース見て…びっくりしました
 丁度地震の発生時刻に耳がつまった変な感じがしていた私ですが(たまたまケータイを覗いたので覚えてる)東京近辺の皆様大丈夫でしたでしょうか?大丈夫な方安心しました!よかったですー。
 最近地震が多いですね。お怪我などなければよいのですが。

 実家を離れていると、家族のことが心配になります。やはり親族最高齢の祖母の家の食器棚と電子レンジは夏に帰ったら固定することにします。後人形ケースも!
 

S.Aの明かり溶かしてゆるゆると盆地に広がる霧 猫を呑む

July 22, 2005

諸事情につき

 今日は午前11時から午後6時まで炎天下の中ぼけーっと突っ立っておりました。
 私はほぼ何にもしてないので疲れたとか言えた立場ではありません。

 炎天下の中(しつこい)働きまくっていた皆様本当にお疲れ様でした。

 時々あちこちに借り出されるのですが、能を見られたりクラッシックコンサートを聞けたり中学生が一生懸命走るのを見たりできるときでも必ず偉い人にお茶汲みの仕事があります。きたときはお茶で帰るときはコーヒーとか。んで喋ってる時間が長いとお茶を入れなおしたりするタイミングを見計らうのにどきどきです。
 でも今日はコーヒー出して終わりだったのでその点とっても楽ちんでした。

 働いている人たちはプロだなーと思いました。そりゃそれでお金貰ってるんだからプロだといわずにどうする、という感じなのですが。

 その働いている人たちに対するものすっごい批判を事前に聞かされていたので、ちょっと身構えてしまっていましたが、やはり実際に自分の目で見るのでは大違いです。その批判はものすごく的外れだということを実感しました。

 よいものを見せてもらいました。本当にありがとう。

 陽に焼けた背中丸めてうずくまる 今日泣き尽くしたら明日は晴れる

July 20, 2005

予告編

できました!久しぶりにフラッシュ作りました…がんばったよ。

あちこちからいけますが、クリックすると音楽がなり始めるのでご注意ください。

例えば→ここ

音楽はいつもの0039様です。ありがたいお話ですほんとうにありがたや…
そしてカバー!マメタロさんのすっごいすっごいステキな悟浄はまだヒミツですが、とにかくすごいんです。

今日は諸事情につき仕事が休みでした。行かないと仕事が終わらないのですが行ったら怒られるので行けないというジレンマに悩まされています…ううう。

SHORTSTORYの開通もしたいのですが、一度レイアウトが気になりだすととことん気になっちゃいますよね。がんばりますです…

あとは。約束していたフラッシュを作り始めます。続きものの1と2が出ているのですが、3までに間が空いてしまっているんですね。なので、3を盛り上げるために!私はこの続きものの1で嵌りましたので、少しでもそのお返しになれば…いいなあ。

あと。刹那さんからコミックバトンがまわってきましたので回答。ご期待に沿うように語りますよ(^^)

1.現在所有しているコミック総数

 数えない。絶対数えない。もうこれ以上処分できないもん。厳選したもんしか残ってないもん。でも数えたら処分せざるを得ないから数えない…


2.今、面白い漫画(連載中でということでしょうか?)

 ■ワンピース 何年もあのテンションとクオリティで週間連載(殆ど休載なし)を続けられることだけでもすごいのですが、今佳境でもう滅茶苦茶面白いです。はい。目下の心配事は、ルフィがちゃんと空気を読めることだけです。(完全に気づかないってのはアホだしなあ、ルフィだからありえるけれど)

 ■リングにかけろ2 別の意味で面白いというか…車田先生。まだ信じてます。

 ■アイシールド21 テンポが早いんです。とっても。んで、スポーツをする少年たち(!)の思いとか。弱小チームは所詮弱小なんだけどその裏側とか。甲子園に出られるチームの人、そして甲子園で優勝する人以外のよわっちーけどスポーツやってる人たちの思いをちゃんと汲み取ってくれているというか。

3.最後に買った漫画

 ワンピース38巻

4.よく読む、または思い入れのある漫画

■最遊記…はもう散々語りまくっているので…とにかく悟浄が強くて優しくてヘタレのフリを装っていることだけは声を大にして主張したいと思います。

■危険がウォーキング 星里もちる 私がはじめて星里氏を知った作品でした。あっけらかんとして、主人公二人がお互いに好きだという気持ちを誰にも隠さずにいて、そして周りの家族もものすごくあたたかくて。家族ってあったかいなあ、クラスメートってあったかいなあ、とものすごくほのぼのと心があたたまったお話です。

■悪が呼ぶ! 松本久志  テンションの高い間抜けな悪魔と権力に固執する天使との全面戦争はものすごく意外な結末を迎えました。もうびっくりのエンディング。主人公の間抜けっぷりが大好きですが、一番心に響いたのは、人間どもを粛清する、という神に対し、「悪魔は人間がいないと寂しくて仕方ないのでね」という台詞でした。
 ほんと好きだ。

■聖14グラフィティ 渡辺多恵子 誰かが誰かを好きになる切なさが、「切ないだろう、すごいだろう」という描写ではなく、もうさらりと、ほんのさらりとした描写で伝わってくるすごい漫画です。普段好きな人の前で平然を装っているのに、例えば長く伸ばした髪の理由が…とか、女をとっかえひっかえしてるところを見せ付ける理由が…とか、字にするとうまく伝わらないのですがとにかくすごいです。この人の日常描写は泣かせますよね。

■キャプテン翼 高橋陽一 トンデモサッカーでもいいんです。この作品がなければきっとJリーグは日本に生まれなかったでしょう。私も同人の道に入っていなかったでしょう。
 演出力とか構図力とかずば抜けていると思います。これ以上試合の演出しようがないところまでかきつくされたのでは、と巷でウワサですね。
 鮮明に覚えているのは、松山くんが試合が劣勢になったとき、チームメイトに向かって「小田は進学するんだったよな」「山室は工業高校へ」「●●は××へ…」「俺たち、小学校のときから一緒にサッカーやってきたけど、この大会が一緒に出来る最後なんだよな」と語ったところです。
 これぞキャプテン。これぞ男の中の男。大好きな友達と一緒に少しでも長くサッカーをするために、松山くんはがんばってきたんだなあ、と。
 キャプテン翼の同人誌でも松山くんが先生になってまた子どもたちにサッカーを教える…という名作がありました。巣田先生が金田を主人公に、松山くんに対する思いを綴った(ホモじゃなくて友情)ものすごい作品もありますよね。
 リアルタイムで読んでいたフランス戦、審判のフランスびいきに学校で椅子投げそうになったことは秘密ですが。

■リングにかけろ 車田正美 何回死んでも殺されない、不死身の主人公たち&美形の敵さんたち カイザーナックルのはめ方が間違ってるとか、そういう話の矛盾に全て目を瞑ってしまえるくらい圧倒的なパワーでぐいぐい読者を引っ張っていく作品だと思います。
 なんでだかよく分からないけれど、読んでいると身体中の血が沸き立ってくるというか、手に汗握るというか、もうほんとすごい。25巻は暗記するくらい読んでました。天才剣崎と凡人竜児の最後の戦いの決着は泣けてきます。菊ねーちゃんのウェディングドレスはきれいでした。最後の見開きが、誰にも割って入ることの出来ない三人の絆をものすごくよくあらわしていましたね。

■サラディナーサ 河惣益巳 人を愛するという形は見守るものか、まっすぐ激しく愛するものか、奪うものか。あんまり「愛する」といわれると私は恥かしくなってしまうタイプですが、この作品では「愛する」以外の言葉がしっくりしません。
 ドン=ファン…いや、レーヴェはサーラに「結婚してもいいと思うくらい大好きだった」と言われて幸せだったのでしょうけれど…

■ワンピース 尾田栄一郎 元気が出る漫画ですね!トラウマだって、ねちねちしてるのではなく、だからこそ自分の力で乗り越える、ってものすごく前向きな登場人物たちが大好きです。勿論前ばっかりむいてられるわけはないのですが、前を向こうとしている姿というのがよいわけですねー。うじうじしてたのってチョッパーくらいか?ウソップは彼なりの前向きだと思うのです。自分の居場所を確保するために、彼にはどうしても必要な行為だったと…
 
■エース!! 佐々木淳子 これも元気がめちゃくちゃ出る漫画ですよね。真奈美の前向きさとか、がんばりとか。がんばったら出来るようになる、って本気で思わせてくれちゃいました。バレーボール漫画の中で一番好きです。
 平沢ちーちゃんとの対決のとき、ちーちゃんが膝を痛めているのをおしてがんばって、会場とかまで全部味方につけるんだけれど、実は真奈美も肩を痛めていて、それに一人だけ気づいたちーちゃんが完全に負けを認めるってところ大好きです。

 基本的にスポーツ漫画よりで大好きです。つかジャンプか?ジャンプだなあ…スラムダンクも北斗の拳も銀牙も山下たろーくんも好きだ。男塾も勿論好きだ。FSSとかうしおととらも好きだ。GO WESTは完結編がみたい…


 そういうわけですはい。バトンはBARが優勝するまでまわさないことにしましょう(意味わかんねーから)
*一応解説するとF1のBARホンダというチームにバトンという選手がいるんです。この選手強いんですが契約を反故にして移籍したがりなんですよね。契約反故されたらホンダの優勝がますます遠のいてしまいますので、彼がちゃんとホンダを優勝させるまではどこにも回さないということでおひとつ…*

震えたる字で祖母の書く暑中見舞い一人の寝屋にケータイ贈る

July 14, 2005

できたーーーー!

 オンリー始まる前から着手しておきながらオンリー参加組みの皆さんに負け続けてきた夏の原稿…できたよやっとできました!ああああああ長かった…

 文庫版68Pの本です。表紙カバーはめっちゃステキなアンニュイ悟浄。

 あと、妹のデザインで普段使いに出来るミニ便箋とミニ封筒を無料でいっしょにつけますので、そちらもかわいがってくださると嬉しいです。

 滞りがちなメール連絡とかやりますごめんなさいすみません。

 予告を作ったらちゃんとサイトのおかしなところ直します。掲示板いつまでも放置じゃみっともないったら…とほほ。


真っ青に咲く朝顔と同じ角度で横向く三毛の親子3匹

July 11, 2005

祖母が帰って行きました

 私はこの祖母を本当に尊敬します。我慢強くて愚痴をこぼさない、日本女性の典型的なタイプの人ですね。
 疲れさせてしまったかと心配なのですが、今日はゆっくり寝てもらいましょう。

 祖母を送っていった空港でキューバの選手とブラジルの選手を見ました!背が高くて姿勢がよくて美人で小顔。
 名前を覚えていればサインを貰おうかとも思ったのですが、名前も覚えてないのに話しかける勇気がありませんでした。え、勿論バレーの選手ですよ。仙台に向けて旅立っていきました

 原稿…がんばる。

引きずらず歩けることが明日には出来るかもしれないと思える

July 08, 2005

お気に入りの

 旅行記があります。今もリアルで旅行に出かけている人が書いているのですが、すごく面白いんです。ザンビアとかカンボジアに行ってた先輩が「かりりん、中国好きだったらこのサイトいいよ」と勧めてくれました。

 中国に旅行に行きたいと思い立った彼は、中国に行く過程を楽しむため(?)陸路で中国まで長旅をできる出発地として南アフリカとか選んじゃう人です。おい。

 リアル旅行先からメルマガもやってきますが、正直すぎて楽しい!自分が行ったことある国だと「そうそうそう」とか思っちゃったり、「こういう風に感じる人もいるんだ」とか感心します。
 アクセス数アップを狙っているようなので微力ながら応援したいと思います。
 なんせもう一つ別の面白い旅行記の作者に嫉妬の炎燃やしまくりです。
 どれくらい燃やしているかというと、

 旅先で偶然その旅行記の作者に出会った彼は、「俺より不幸な目にあうワケない」とよく分からん部分で張り合い、同じ宿に泊まる彼女と行動をしばらく共にして、「道を歩けば不幸にあたる」彼女に脱帽するけどしたくない

 と延々語っているくらい燃やしています。いや、不幸にならなくていいから。


 私、ゆっくりとコンテンツを読んでいっていたのですが、衝撃的なコンテンツが一つありました。そこに直接リンク貼るのは躊躇われるので、パレスチナ夜、を見てみてください。

 アフリカの方の旅行記から読んでいって、単発のレポートは後でいいか、とか思っていたのですが。

 考えさせられた記事でした。知らないということは、怖いことだと改めて思いました。


中国初恋
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sakusha/

しなくていいそんな有限実行なら 俺に疑われたままでいろ
大問題にするかしないか選択する奴らの都合だ 知ることもできない

July 07, 2005

七夕

 でも天の川は見られそうにありませんね…年に一度の逢瀬。私はとても耐えられないなあ。
 だって悟浄が年に一度しかでてこなかったら困るじゃないですか!


 昨日は早く帰ってこられたので、畑に行って草取りしてなぜか鎌を一つなくしてしまったのですがとうとうとうもろこしがとれました!もう甘い。滅茶苦茶おいしい!ピーマンときゅうりとトマトもとってきましたですよ。これで明後日からの祖母の食事も万全、と思っていたら、今日更に実家のご近所さんから、トマトが2箱届きました。

 2箱って出荷用のダンボール2箱です。単純計算でつまり私はトマトを腐る前に25個くらい食べないといけません。

 おおおおありがとうございます!無駄にしないようにがんばってトマトソースにしますそうします。

 いい感じで原稿につまってきました。ぐつぐつ。

 劇的に書きたいのに!演出力がほしーほしー。七夕飾りに書いちゃおうかしら。


 同じ機能を持つとは思えぬさらさらときれいな線を描いていく右手

July 05, 2005

躍動感のあるシーン

 の描写って難しい。

 私はバレーの試合とかそのまんま書きたいんだけれど冗長になって全然スピード感がでない。練習しててやになってくる…
 擬音て文章でどこまで再現していいものなんだろう。と考えると映像の力ってものすごいものがあるなーと思うわけです。

 でも私の書きたいものを表現するには文章が一番まだ手に届くところにあるからがんばろうって思うわけです。


 あああもうがんばるんだってば。


 缶詰のみかんちぎって練乳とゼラチン混ぜてアイスキャンデー

July 04, 2005

温泉

 こちらに越してきてから温泉に行く機会がめっきり減ったのですが、昨日は久しぶりに温泉に行きました。
 心まで洗われるって感じ?(笑)

 週末には祖母が遊びに来る予定ですので、祖母を連れてまたこようという話になりました。
 万博にも行くのですが、どうか雨が降らないけれど涼しい気候でありますように…

 国連館で世界遺産の展示をやっているそうですが、そこにこないだ無形世界遺産に登録された文楽の首(かしら)も展示されるんですって!まるで祖母を待っていたかのような企画です。
 誰が作ったのが展示されるのかとても楽しみですが、十中八九あの師匠の作品のはず。祖母にとってはひさーしぶりに近くで見られるチャンスかも。

 どこに連れて行ったら興味を持ってくれるか心配だったんだけれど、まずは国連館で決まり。ちょっと安心。


 雨が強く降り続いてて、水不足解消はいいんだけれど畑の草が抜けません…ヨソの畑は手入れが行き届いてて、うちみたいにぼうぼう雑草が生えてるところなんて滅多にないよ。一週間空くとすぐこれだ…夏草の繁殖力には目を見張ります。

 うう、なんか今日の日記はオタクっぽくなくて生活臭が漂ってますね。おしゃれな部屋を目指そうとしている私にオタクだから無理だと言われているような気がしてきました(でもまだあきらめてない。引っ越すときに私に色々物をおしつけた友人に押し付け返す…物がないけど見つけて押し付け返してやるー)


 強烈な日差しが透き通る海に突き刺さるような表紙の本読む
 

« June 2005 | Main | August 2005 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ