Recent Trackbacks

« December 2005 | Main | February 2006 »

January 30, 2006

週末は

 予定がバッティングしていてちと大変な思いをしましたが、楽しい時間を過ごせました。いやーよかったよかった。
 午前中はある勉強会(大袈裟な)に行って、午後からはお客様がたくさん!
 同居人と私は学生時代からずっと同じことやってたので共通の友人が多いのですが、今回のお客様は私が知らない人ばかり。私の知らない同居人の一面が垣間見られて面白かったです。

 んで、お客様といえばおもてなし料理。料理を作るのは大好きなのですがどうも段取りがうまくいかない私は2週間前から栗原は●みのおもてなし料理とかES●E簡単につくれて豪華に見える料理とか図書館で借りてきまくって、メニューを考え、木曜日と金曜日と土曜日の朝しておくことをリストアップし、なんとか温かい料理をお出しすることができました。
 うわ、こんなこと書くとおもてみたいだ。

 1歳未満の赤ちゃんが二人きていて、いやーもうめろめろにかわいかったです。わーわー。
 うちの姪はますますかわいいですが、1歳未満の赤ちゃんたらもう破壊力抜群ですね。にっこり笑われた日には「もっとサツマイモ食べる?」とか言ってついついお母さんに怒られちゃうくらい芋金団をあげちゃったりします。

 隣の家の犬はダックスフントで外飼いなのですが、いい加減私の顔すら覚えてくれません。唸ったり吠えたり…覚えてくれよ頼むから。赤ちゃんに向かってほえまくりまくりまくりでびっくりして赤ちゃん泣いちゃったじゃん!

 そういえば、最近懐かしい顔ばかり夢に見ます。幼稚園の風景とか、小学生のときの友人とか。これってもしかして私の中の存在が私の記憶を検索して「この人は友達」とか「この風景で育った」とかやってるのかしらとかおもっちゃったりして。

 
笑うんだ辛くて悲しい時だって泣いてもすっきりしないのならば

January 24, 2006

おのろけ短歌

 天下のN●Kがおのろけ短歌を募集しているそうですよ。

http://www.nhk.or.jp/nagoya/onoroke/index.html

 たまにはほら歌詠みっぽいことをしておかないと…あはははは。

 おのろけ、という点で言えば悟浄と八戒ならどっちが人に言ったりしそうでしょうかねえ。
 八戒は気づかずに言うタイプで悟浄はわかってて言うような気がするんですが。でもその逆もありかも。

「いつまでたってもゴミの日を覚えないんですよねー悟浄は」

 だって立派なお惚気だと思うわけです。

「八戒の料理食べたときは涙出るかと思った。マジであんなのこの世に存在するんか、って思ったね俺は」

 悟浄は素でこーいうこと言いそう…?のろけとは粉みじんこも思ってないでしょうねえ。


 つーか、二人に付き合ってる自覚というのはあるのか?一緒にいて気持ちいいとからくだとかそういう感情はあるでしょうしやることやっちゃっていたとしてもコイビトなんて恥かしすぎてとてもとてもいえないような気が…
 悟浄、がんばれよ。K村さんにかっこよく書いてもらうんだよ。


お前にとってそれが大切なら俺にとってだってそれはとても大切なものだ

January 23, 2006

相撲オタクの友人が

 最近ワンピースを読み始めて「難しい」「登場人物が多い」と文句を言ってきます。
 文句言うならコミックス貸さないというとそれは嫌だというのでどうやら気に入っているようです。

 でも、相撲もそうなのですが彼女はなんというかライトオタクで、特定の力士が好き!というのではなく、相撲全体がなんとなく好き!という感じで、話していて新鮮です。
 例えば私が相撲に嵌ったとしたら好きな力士の出身地とか背景とか親方の様子とか知りたくなりまくって調べまくってN○Kにまで「閣下」と呼ばれちゃうようなデー○ン小暮みたいな感じになると思うのですが、彼女は別にそうじゃない。
 砂被るような席で見たいと思うけど、その席を手に入れるのに多大な努力は払いたくないし、別に力士の背景なんかどうでもいい。とりあえず日本人かどうかだけは注目する、というてました。

 なので、昨日うちにきてアニメの放映を一緒に見ていたワンピースも「ナミって左手に金色の腕輪はめてるだろ?」と聞くと、「ああ、あの方位磁石でしょ」と応えます。「方位磁石じゃなくって金色の細い腕輪。気づかんかった?」「そんなん気づかない」「じゃあ今度ナミが出たらみてよ」「分かった」
 と言っていたのに何度聞いても気づかないくらい金色の腕輪エピソードにまるっきり興味がありませんでした。
(これは尾田先生が腕輪一つでナミとノジコ(ナミの義姉)の絆を描いたすごいエピソードだと思うのですが…)

 なので、好きなものがあって嵌りまくってその背景を書きたい!!なんて思うのは立派なオタクだなあと改めてしみじみ感じましたですよ。がんばろう!悟浄、幸せになろうね!!


 ところで有効期限が明記されていない7年前のとんかつ1000円優待券が発見されました。使ってもいいものでしょうか…

肩幅に開いた足がすらりと伸びるきみは明日に向かって駆け出す

January 20, 2006

つるしあげ

 心配していた友人の挙式が決まったようです!よかったよかったおめでとう!
 それはいいけど話を総合すると2泊3日で海外ウェディング(当然その前後は仕事)みたいで大丈夫かいなと心配してしまう…ウェディングドレスの彼女を生で見られないのは残念ですが、写真でたっぷり堪能させてもらいましょう。ふふふふ。しかし空港までが長いよな。田舎によくありがちですが飛行機に乗ってる時間より空港に行くまでの時間の方が絶対長いって!
 私も新幹線で東京行く時新幹線の駅まで行く方が時間かかるもの。ターミナル駅の近くだったらなあと常々思います。

 ところで正月に帰ったときにうまれて初めてつるし上げることができた友人がいるのですが、彼女のその後はどうなったのでしょうか。
 いっつも冷静でひょうひょうとしていて何を言ってもするりするりとかわされてきていたのですが、彼女の罪状は

 プロポーズを9ヶ月間ほったらかし

 …
 ……
 ………

 さすがにそれはまずいだろう、態度をはっきりさせろと散々つるし上げてきました。いや、彼も随分気が長いもんです。それだけ好かれてるなら年貢をさっさと納めないと。いやなら断らないと!
 徳島の友人の旦那さんたちは気がながーーーーーい人が多いらしく、「デート?めんどうだ。冗談じゃない。電話?かけてくるな。1月に1度でもうざい」なんて言ってた友人は8年(だっけ?)つきあった(と彼は思っているだろう)結果やっと昨年結婚までこぎつけていました。


 来年度の仕事の話が錯綜していて困っています。働きたいのは山々ですが人によって言う労働条件が大幅に変わるのは勘弁してほしい…せめて年金がどうなってるかくらいはっきりさせてほしいもんです。ダメだというなら他に仕事探すからさあ。
 すっごくやりがいのある仕事で大変ありがたい職場なのでできれば続けたいのですが。
 

食べ物と涙に手を出す俺のそばで食え俺のそばで泣け

January 13, 2006

わーい!

 昨日はHさんが遊びに来てくださったので思いっきり喋り捲り、買ってきてくださった本も堪能してとっても幸せでした。ありがとうございました!嬉しいなあ嬉しいなあ。

 とりあえず峰倉先生がんばって!


 職場まで徒歩40分かけて歩くのですが、小学生に戻ったみたいでちょっとわくわくしています。
 田んぼのあぜ道をこっそり通ったり、毎日毎日少しずつ違う表情を見せる山がそばにあったり。

 人間が適切に管理した自然があるのって心が潤ってきますね。ずーーーーっとそこにいたらその価値をわからないままですが、一度失うと再び手にしたときにより価値を感じたりします。
 その辺難しいなあ。ずーーっとそこにいながらにしてふるさとの価値を分かる人間だったらよかったんですが…

 年を経るにつれて徳島のよさが再認識されてきたりします。でも、ずっと徳島にいると脱出したくてたまんなかったんだろうけれど。

 そうそう、正月には徳島の友人たちと喋り倒したのですが、突然結婚するというていた友人は予約が無事に取れたのでしょうか。
 彼女の家は旧家なので、「地元で結婚式を挙げたら呼ばなければならない人」が隣近所に親戚合わせて50人はくだらないそうで。旦那さんのおうちはそういうところ淡白なので10人程度で済むそうですから、これで彼女の夢の「友達を呼ぶ」までしているとものすっごいアンバランスなことになって更に「あいつを呼ぶなら俺を呼べ」という縁のうすーーーーい人まで入れると嫌になるから海外挙式を思い立ったというてました。

 アイディア自体はすばらしいと思いますが1月1日に思い立って2月にグアムというのは無理がありすぎるのではないでしょうか。大丈夫だったのでしょうか。そして私は帰国後の2次会に呼んでもらえるんでしょうか。予定が立たないんではよ連絡ください。
 2月はオンリーがあるのよ!行けないけれど…行きたいけど行けないんです。こんなこと書くと怒られますが。
 私が行きたいけど行かないと決めたので自分に言い聞かせておきます。ううう。


ふるさとの水がなつかし井戸でなく水道の水すらごくごく飲める

January 10, 2006

引っ越して以来

 モノを増やさないことにつとめてがんばっていますが、モノが少ないって掃除しやすくていい…やっぱりいい。

 使うところの近くに必要なものをしまうようにして、引き出しも活用してみたりしました。
 引越しの際カラーボックスとか不必要な籠とか捨てまくったのですが、減らしたその収納のためのものを改めて使うことのないよう、モノを減らしています。

 本やオタクグッズはどうしても処分が出来ないものが多いのですが、好きで集めていた科学関係の本はいつまでもおいとくとすぐに新しい説が公表されて内容が古くなったりウソになったりしてしまうことに気がつき、思い切って処分できました。
 最新の説は図書館で借りてこられる!ということに気づくのにどれだけ時間がかかったことか…

 「なるほど」と思うことがここ最近のストレス発散方法になっているので、そういう本に出合えるとすごくわくわくしてしまいます。最近一番なるほどと思ったのは

宇宙ステーションの修理をするために宇宙空間に面したドアを開けっぱなしにしていた

船外活動服は思いっきり動きにくいため2時間くらい作業時間がかかってしまった

修理が完了し、いざドアを閉めようとしたら閉まらない…!

そういえばドアの表側は太陽にあたりっぱなし、裏側は日陰になりっぱなしだった…

ここは宇宙空間

日が当たると当たらないとではえらい温度差ができる(300度くらい)

鉄製のドアが温度差のせいでゆがんでしまった…!どうしよう

なんとか全身全霊の力をこめて引っ張ったりおしたり二人がかりになったりと努力するがどうにもならない。宇宙飛行士困りまくり

管制塔「…最後の手段だ。けっとばせ」

思いっきり蹴っ飛ばす

無事ドアは閉まった。めでたしめでたし

という無事に閉まったから笑い話になったような笑い話でした。
言われてみるとごもっともなんですがそんなこと考え付きもしなかったよ…確かに温度差は重要だ。うん。


木が5000年生きる理由とヒトES細胞が奇跡の理由は同じなんだって!

January 05, 2006

あけましておめでとうございます

 帰ってきました。疲れましたが楽しんできました。それにしても育った環境が違うと全然考え方が違いますね。当然だ。
 おせち料理も気合を入れて作りましたですよ。今年は好評でよかった。去年は怒られちゃったものですからとほほほ。

 コミケを楽しまれた皆さんお疲れ様でした!すごい賑わいだったようですが!お祭り時はしっかり楽しまないとね!


 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


認められることって必要なんだね大したことないって思ってもこんなに嬉しい

« December 2005 | Main | February 2006 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ