Recent Trackbacks

« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

070:章(KARI-RING)

序章にて君と僕とはすれちがう壮大な伏線だったらいいのに

069:カフェ(KARI-RING)

これくらいどうってことない問題だカフェでコーヒー頼む程度の

September 29, 2006

068:報(KARI-RING)

何人を経由してきた報せだろう 「元気でいます」とたった一言

067:事務(KARI-RING)

事務的に歴史が書き残されていく「地図から一つ島が消えた」と

September 28, 2006

066:ふたり(KARI-RING)

走り出せ!ふたりになれば倍強い 無茶とか無理とか減っていくから

065:鳴(KARI-RING)

悲鳴すらあげられなかった大好きな人が最後に「大好き」と言った日

September 26, 2006

歌会始

 毎年新春の皇居行事(なんじゃそりゃ)であるところの歌会始。
 世間一般の人間が投詠してもかまわない太っ腹な企画なのですが微妙にハードルが高いのです。

 用意するもの:
  ・半紙
  ・墨
  ・すずり
  ・筆
  ・文鎮
  ・下敷き

 …とまあ、形式にうるさい。半紙を横において右半分に歌、左半分に必要事項を筆で書きなさいという指定なのです。
 で、そんな面倒くささの局地にあるようなハードルを乗り越えてポストに投函してきました。
 ふふふふふ。絶対入選しないからこー言うことを日記で書けるのです。
 
 だって入選したら困るでしょう?

 新年1月4日に皇居(つまり東京)に行かなきゃ行けないわけだから徳島でのんびりできないじゃないですか。
 しかも宮様勢ぞろいのところでじーっと椅子に座ってなきゃいけないのでみすぼらしい服やみすぼらしい頭やみすぼらしいメイクでいくわけにいかないでしょう?つまみだされるよ。
 そういうわけで母譲りの着物と帯を用意するのはいいけれど誰かに着付けてもらわないといけないし、それって東京で予約しないといけないじゃないですか。
 あ、よく考えたら朝っぱらからやってるから確実に1月3日には東京いりしておかないといけないですよね。
 うわー、そんな新年早々の美容院なんてめっちゃ高そう。

 んでもって親王もきっとそこにいる(そうか?)と思われるので、まじめに歌が読まれている最中(誤字ではありません。誰か忘れたけど百人一首読み上げるようにちゃんと読んでる人がいるんですがその人が「○~○~○~」とかいってえらいもったいぶって読んでる最中)「うわーーーーーーん」とか言っちゃいそうじゃありませんか?
 そういうときにこらえきれず「ぷっ」とか言っちゃうとやっぱりつまみだされるよ。

…なんて妄想を垂れ流せるくらい絶対入選はありえないと思うので日記に書いてみました。
投詠考えている方は9月30日消印有効ですのでご参考までに。
あ、今年のお題は「月」ですよ

064:百合(KARI-RING)

親切面する人たちが信じられぬ百合の咲く丘うずくまった日

063:オペラ(KARI-RING)

オペラ歌手より豊富な声量で叫べ「私は生きたい」のだと

September 21, 2006

062:竹(KARI-RING)

竹の持つしなやかさが欲しい大喧嘩した奴に頭下げるときには

061:注射(KARI-RING)

麻酔薬注射することなくまるで手術みたいに怪我を処置する

September 19, 2006

060:韓(KARI-RING)

韓国語でもアラビア語でもない文字で伝え続けられる戦いの歴史

059:くちびる(KARI-RING)

くちびるの形を読んでもわからない死に場所探す女(ひと)の本心

September 18, 2006

散歩

毎日散歩に行く公園があるのですが、そこに女子中学生の一団がよくたまっています。

前々から怪しいと思っていたのですが、決定的瞬間を目にしました。

公園の藤棚の下のベンチで原稿描いてましたよ。彼女たち。
私はオタクではありませんという顔をして通り過ぎなければならなかったのでジャンルまではわからなかったのですが。とりあえずエロシーンぽかったので、そういうのは隠れてやるように思わずお説教したくなりました…

おうちでやれないんだろうなあ、と思うとほほえましいのですが、オタクはオタクらしくこそこそいこうよと思っちゃいましたですよ。

September 15, 2006

058:抵抗(KARI-RING)

黙ってても行動しなくても抵抗はできる彼女が元気な限り

057:鏡(KARI-RING)

入れたくもなかった刺青見ないため鏡にこぶしを振り上げたりした

September 13, 2006

056:とおせんぼ (KARI-RING)

仲直りしたいとお互い思ってる とおせんぼしてる道の両端

055:頬(KARI-RING)

思い切りぶん殴れ頬もう二度と出て行くなんて言わせないから

September 12, 2006

054:虫 (KARI-RING)

極上のパイユを焼く男(ひと)私には気味悪い虫が苦手だという

053:ブログ(KARI-RING)

握ること躊躇しないでそのドアノブログをたどって自分で歩け

September 11, 2006

てへ

半分詠み終えたところで何らかの形で評に取り上げていただいた歌を覚書しとこうかなーと思いました。
つたない歌に目をとめていただけてとっても嬉しいです。

016:せせらぎ シンクにて皿洗う音漂って「せせらぎの音みたいね」ときみ
027:嘘 あの男(ひと)と大喧嘩して出て行った嘘をつく子に叱られている
046:凍 この辺は夏だねなんていいながら凍ったみかんを差し出す右手
006:刻 時刻表無視して発進した列車 先頭車両にきみがいるのに
019:雨 慈雨という語彙しか思い浮かばない 画面いっぱい描きこまれた線
010:桜 「暫」(しばらく)の掛け声桜の背景に合わないのになぜ君は出てくる
009:椅子 木の香り漂わせたままあてがわれる椅子 私はここにいてもいいんだ
013:クリーム 間違いなく恋愛感情はさまずにたっぷりクリーム落とすコーヒー

すごくすごく嬉しいです。そしてもっともっと精進しようと思います。
私も早く完走して感想の完走もしたいものです。

052:舞(KARI-RING)

上等だ引くに引けない大喧嘩 最初で最後の晴れ舞台かも

051:しずく(KARI-RING)

本日のリラックスおやつはしずく型ゼリーをいかがオレンジ色の

September 10, 2006

今日の晩御飯

 夕方のテレビを見ていた同居人がカレーが食べたいと言い出したのはいいのですが。

 昨日の夜、もらいものの小豆を床にぶちまけてしまった彼はその小豆を袋に戻すのが面倒だったらしく、一晩水につけておいた後いつの間にか赤飯を炊いていました。

 そうです。カレーのご飯が赤飯だったんです。

 同居人は「豆ご飯にカレーなんてぴったりだ」というてました。

 そういう感性ってすごいと思います。

 そうそう。今日出かけた先でたくさんおしゃべりして楽しい時間を過ごせました。よかったよかった。

September 09, 2006

やったー

やっと半分まできたよ!がんばったよ!完走目指すよ!

050:萌(KARI-RING)

きみが立つ紅萌ゆる丘の上届かないわけないと手伸ばす

049:戦争(KARI-RING)

ただそこにいたのが邪魔だというだけで人を殺せる戦争になる

September 08, 2006

こないだの日曜日

 一族郎党が集まる機会があって、徳島から両親がきてくれました。今年は家族と会う機会がとても多く新鮮な気持ちです。

 家族がいるっていいもんだと思う気持ちと育ってきた環境の違いとでこうも行動の仕方、ものの言い方、物の見方が変わるもんだと新しい発見の気持ちとまあそりゃ色々あるわけです。

 でも、とりあえず私のやりたいことをやりたいようにやらせてもらうことにしました。別に誰のお許しも得ちゃいませんが、自分の気持ちの区切り的に。
 自分が納得してやっていることは誰に恥じることでもなくまた誰かから強制されてやっていくことでもないわけですもんね。

 いつも笑顔で楽しく気持ちよく過ごして、それが周りの人たちにも同じようにあるといいなあ、自分勝手にならずに皆で楽しくなれたらいいなあ、と思うわけです。

September 07, 2006

048:アイドル(KARI-RING)

口裂けるごとき笑顔と変な声持つかの人は永遠のアイドル

047:辞書(KARI-RING)

わからない言葉だからと辞書めくるきみの検索ワードは「信頼」

September 04, 2006

毎年

 書いていますが、本日は世界に誇る名セッター猫田勝敏さんの命日です。
 ご冥福をお祈りいたします。

 朝夕はほんとに涼しく過ごしやすくなりましたね。

 今日、ピアノが届きました!安い電子ピアノだけれど、ちょくちょく弾いていこうと思います。
 そんな難しい曲弾けなくていいから、楽しくてアップテンポな元気のよい曲。

 楽譜を買ってこなくちゃなー。

« August 2006 | Main | October 2006 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ