Recent Trackbacks

« 001:風のお歌 | Main | 好きなお歌に勝手に感想 »

October 22, 2006

002:指のお歌

10本の指が大地をつかんでる空にまっすぐ突き刺さる朝(オオタセイイチさん)

 10本の指、というのがおそらく雲間から漏れ出す光のたとえかなー、と思った瞬間、その力強い光を出す太陽の勢いが想像され、「突き刺さる」という言葉にがつんとやられてしまいました。
 しかも太陽が空に突き刺さるのではなく、その太陽から導き出される朝が突き刺さるという感動。
 雲とかあってものすごーく気持ちよい、という状態ではないにしろ、とても前向きで力強さを秘めたお歌にとても力をもらいました。ありがとうございました。


ばあちゃんのひしゃげたあられのカンカンに 指ぬき、針山、ズロースのゴム(幸くみこさん) 

 そうそう、あられのカンカン(この言葉遣いも懐かしい!)にあらゆる裁縫道具がつめこまれてるんですよね。しかもその中で選ばれたのがズロースのゴムですよ。ズロースのゴム。
 なんでも自分でする達者なばあちゃんの象徴のカンカンの更に象徴のズロースのゴム。ひしゃげたという言葉が歳月の積み重ねを感じさせてますますばっちゃんの存在を際立たせているように思います。
 切ない状況と思っても読めますが、私の第一印象は「達者なばあちゃん」でした。


« 001:風のお歌 | Main | 好きなお歌に勝手に感想 »

好きなお歌に勝手な感想(題詠100首)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71011/12379456

Listed below are links to weblogs that reference 002:指のお歌:

« 001:風のお歌 | Main | 好きなお歌に勝手に感想 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ