Recent Trackbacks

« ゆたんぽ | Main | 007:揺のお歌 »

November 02, 2006

006:自転車のお歌

自転車の部品で夏を組み立てて全ての車輪は海辺を目指す(野田 薫さん)

ああもうこういうお歌がだいすきです!夏ですよ夏。ビルの谷間の夏でもリゾートビーチの夏でもなく自転車の部品で組み立てる夏。
ぎらぎらしている海に行くんです。ビーチじゃありません(しつこい)中学生や高校生のころ、自転車で走り回るしか移動手段がなかったころの暑い暑い大切な貴重な夏をおもいだします。

自転車のブレーキ音をひびかせておかへりよまだわたしの少年 (春村蓬さん)

自転車のブレーキの音ってひびくんですよね。特に夜なんかとてもよく聞こえる。
かなり大きくなった息子さんをもつお母さんでしょうか。それでもお母さんにとったら息子はいつまでもいつまでも少年で。彼女ができて結婚してもまだ少年なんですよね。
しかもそれが「わたしの」少年であるという気持ち。独占欲を隠しもしない挑戦的(?)なお歌が心に響きました。

« ゆたんぽ | Main | 007:揺のお歌 »

好きなお歌に勝手な感想(題詠100首)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71011/12528389

Listed below are links to weblogs that reference 006:自転車のお歌:

« ゆたんぽ | Main | 007:揺のお歌 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ