Recent Trackbacks

« 037:藤のお歌 | Main | 069:隅のお歌 »

August 20, 2009

053:妊娠のお歌

今日は053:妊娠のお歌です。

妊娠というと経験したことない人には全く想像できないし、経験したことある人は実話に基づきすぎてなかなか客観的に詠めない難しいお題だなーなんて思ってました。
でもやっぱりよの歌人はいろんな切り口を持ってますね。すごいなあ。

053:妊娠(ジテンふみおさん)
フォント5の桃色文字で昨日から妊娠したと顔に書いてる

そらもう嬉しかったでしょうね!フォントは5、色は桃色!しあわせですvvvvvvと書いてあるんですね。
そんな幸せな妊娠、周りにも幸せをプレゼントしてほしいものです。


053:妊娠(こうめさん)
我知らぬ世界はやさしい 妊娠を経てゆっくりとしゃべる友達

妊娠している間の友達のことを知らないけれど、妊娠して、多分出産した後に友達に再開したら、しゃべり方がゆっくりとなっていたんですね。俵さんも「木馬の時間」と表現してますが、子供の時間ってゆっくりで、ゆっくりで、ゆっくりになるんですよね。それがやさしいと感じられる、親子はうまくいっててお友達は幸せなんだろうな、って思います。


053:妊娠(龍庵さん)
まだ遠い台風の位置聞くような気持ちで知った君の妊娠

男の人にとっては妊娠は他人事。妻の腹の中で何が起きてるかなんて想像すらできないものですよね。
それを「まだ遠い台風の位置」とものすごく共感できる距離感で表現できる感性に脱帽です。


拙歌
妊娠の月日をはるかに超えて居るまだ見ぬ母より目の前の母

なかなかこの感動を詠むのは難しい。産みの母が自分を妊娠していた月日なんてとっくに超えて自分と一緒にいてくれるのがこの目の前にいる育ての母だ…というのをもっともっと強く歌いたいのですが。


« 037:藤のお歌 | Main | 069:隅のお歌 »

好きなお歌に勝手に感想2009」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71011/45978918

Listed below are links to weblogs that reference 053:妊娠のお歌:

« 037:藤のお歌 | Main | 069:隅のお歌 »

June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ